齋藤織物 株式会社

    
2020年/01/15
前回のブログで三本紗から唐織への機がえについて書きましたが、今回もその続きです。

三本紗を織る時は60の機械(針が約60本。主に無地場を織る時に動かします。下の写真では紋紙がかかっているところです。)を使用しなかったので、タイコ等が外れた状態になっていました。唐織では地ヌキを越す時などに使うので、60を動かせるようにしました。
0115blog1.jpg
before

0115blog2.jpg
after
違いがわかりますでしょうか。

0115blog3.jpg
これら取り付けて機械を動かせるようしました。
踏み木を踏むと縄が引っ張られ、タイコが回り、包丁箱が持ち上がって針が上がる仕組みです。

取り付けた後は針が綺麗に落ちるように調節したり、返しがねを付けたりしました。

60の機械は今まで他の機で使っていましたが、こうした作業をするのは初めてだったので改めて仕組みを理解する良い機会になりました。


永井
    
2020年/01/08
P1062382.JPG
あけましておめでとうございます。
2020年もよろしくお願い致します。

ずいぶん暖かいお正月でしたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

アトリエ近くの上賀茂神社は今年も大変な賑わいでした。
P1032368.JPG
よいお天気でした。


そうこうしているうちにはや8日…
昨日は七草の日でしたね。
おせちの残りが続いていたので七草粥の葉物が嬉しいものです。


今年も良い年になるよう、気持ちも新たに励んでまいりたいと思います。




    
2019年/12/25
今年も残すところあと7日、あっという間の一年でした。
元号が変わったり、それに伴う数々の式典。
記憶に残る行事の連続でしたね。

さて先のブログでお伝えした大仕事は先週どうにか完遂いたしました!
どうにか目標通りに納めることができて一安心!
だったのですが、気の緩みからか風邪をひいてしまいました。。。
寒いと体調を崩しやすいのでこまめに水分を摂ったり、
手足を冷やさないようにしたり、
手洗いうがいを徹底して、今後は予防していきたいです。

仕事納めまでもうひと踏ん張り頑張りたいところです!

DSC_0619.JPGDSC_0620.JPG

寒い中でも咲いてくれる庭木があると目がたのしいですね。
南天は食べつくされて房とそうでない房とあって面白かったです。
ヒヨドリのしわざでしょうか?



宮地
    
2019年/12/18
いよいよ今年のブログも残すところ二回!!
一年、やはり早いです。sweat01

今週は、経糸の色を変えるための経つぎをする予定があり、それまでの隙間の時間に自分で配色して見本をとる機会がありました。
思い通りにいかなかったりしますが、楽しいです。
P_20191216_123813.jpg
色のついた棒グラフの様なものがメートルです。メートルそれぞれに配色していきます。
その色が、どこから始まって、どこで終わるのかを表しています。

今回の配色は色数が多かったので、優柔不断な私には少々時間が要りました。
直感を信じて(笑)、イメージしたその雰囲気に合う色をパパッと出して、勢いも味方におもしろいものづくりをしたいものです。

P_20191216_123733.jpg



安井
    
2019年/12/11
先日、三本紗を織っていた機を、唐織が織れるように機がえをしました。
三本紗はフグセの他に、経糸を捩るフルエやタスケという仕掛けを使うので、今回はそれらを全て外し、新しいフグセに吊り替えました。

1211blog3.jpg
フグセと筬を外した状態。

1211blog1.jpg
新しいフグセと筬に糸を通したところ。

フグセと筬に経糸を通すのは、刺し入れ屋さんという専門の方にお願いしておりますが、それ以外の作業はこちらで行います。

1211blog2.jpg
ペダルを踏んだらフグセが上下するよう、水縄でフグセを針と繋ぎます。
経糸が綺麗に開口するように微調整を続けて、ようやく織れるようになります!


永井