齋藤織物 株式会社

    
2017年/12/13
早いもので12月も半ばとなってまいりました。
今晩あたり初雪になるのでしょうか。
アトリエの庭は紅葉のじゅうたんができております。
PC121332.JPG


東館では先週末から大掃除をはじめました。
今年はちょうどよく経継のタイミングでした。

気合が入りますね!

しかしうっかりのぞいたエアコンが恐ろしいことに・・・
ク〇ックル〇イパーが大活躍です。

織っている最中にゴミや埃がまうとよくないので、この際しっかり落としたいと思います。


    
2017年/12/06
師走展いかがだったでしょうか。
透し織もなんとか間に合い、お見せすることが出来て一安心しております。
これからも創意工夫をかさねて、より良いものづくりに励みたいと思います。

さて早いもので、もう十二月
一年はあっという間に過ぎてしまいますね。
今年は唐織や透し織など新しいことに挑戦する機会が多かったのでなおさらそう思うのかもしれません。

西賀茂のアトリエでは、庭の椿が沢山つぼみをつけていて、
咲くのがとても楽しみです。
DSC_0373.JPG

↑早い品種はすでに咲きはじめています。

今朝は氷が張っていて驚きました。
朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね。
朝は手がかじかんで指のかたまってしまいそうです。
DSC_0375.JPG

みなさまお身体にお気をつけてお過ごし下さい


宮地
    
2017年/11/29
いよいよ明日から三日間、銀座師走展が始まります!!

アトリエでも一丸となり、「一本でも多く・・・」と、
織り上げたばかりのピカピカの帯たちが参ります!(笑)

毎年師走展の頃になると、来年へのカウントダウンが日に日に早くなっているように感じます。
一月の予定もすでにうまりつつあります。
地に足つけてしっかり毎日を過ごさないと、ボーっとしていたらあっという間に月日は経ってしまいますね。(・-・;)
それではもったいない!!と自分に言い聞かせながらのブログになりました。

P_20171128_123538.jpg
一週前の堺さんのブログ写真と同じアトリエもみじ。
大分紅葉が進みました!

P_20170922_145823.jpg
Rちゃん、最近のお気に入りの場所のひとつ。


安井
    
2017年/11/22
日に日に朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。
アトリエのかなたの山も、うっすら白くなっているときもあります。
ぼちぼち紅葉が綺麗な季節ですね!
SH3E0587.jpg


そんな中、きたる師走展に向けて鋭意製織中です。
おまちかねいただいております透し織りも着実に織りあがっています。

案内状のポストカードにあります唐織の慶長松梅は、アトリエの織り手の間ではひそかに
一度は織ってみたいと思っている柄です。
特に白地に金銀配色の六通はあこがれです。


そうこうしておりますと経糸に印が出てきました。
PB161313.JPG
この印からだいたい表と裏と、+α余裕の分の経があります。
途中で足りなくてもいけませんし、せっかくの糸を無駄にしないためにも、
整経屋さんが最後のほうに目印をつけておいてくださいます。




    
2017年/11/15
早いもので、三人でブログを運営するようになってから丸一年経ちました!
まだまだ拙いところもありますが、
今後も織物の魅力などお伝えしていきたいと思っております。

さて先のブログでは透しに取り掛かるやもと予告していた宮地ですが、
昨日無事に!一本目を織り上げさせていただきました!
十月末から十一月の頭までひたすら調整の日々!
(無地を織る60の機の紋を自分で彫ったり、棒刀を吊る針を増やしたり、
紐を吊り変えたり、重しで経のテンションを整えたりetc...)

一時はどうなることやらと不安に思っておりましたが、
楽しみにお待ちいただいているという声も営業さんから伝わっておりましたので、
一本織れて一安心です。

内心じたばたしていても!手元は一越一越丁寧に!次もがんばりたいと思っております。
加工にも一癖ある透し、あと一本はどうにか間に合わせたいところなのです。
が、しかし
現在またもや機トラブルに悩まされております。。。
どうなることやら、しかしコツは掴んできておりますので!
師走展に向け職人一同がんばります!


DSC_0375.JPG
↑下からみた透しの経てです。
 短い竹が2本通っているところが銀リボンの交差する部分
 捩れていて定期的にぱしぱしと解いて竹を寄せる必要があります。
DSC_0369.JPG
↑織前なので裏の生地が見えています
 「縞と市松」の紋の部分です。



宮地