齋藤織物 株式会社

    
2017年/07/26
唐織を織るようになってから感じたほかとの差の小話です。
唐織では細い絹糸を三本合わせて濡らしきつく織るのが主なので使用しないのですが、

織物を編むようにゆるく織るローランや引き箔のときに活躍するのが、
この写真で矢印がさしている棒、アテです。
IMG_20170726_125015.jpg

横糸を寄せる”かまち”をとどめ、
織りあがった帯が一定の間隔で巻き取られることによって横の混み具合を保つ仕組みです。
経糸にかかるテンションや横糸の性質により巻き取られる幅が変わるので
コツを掴むまでは難儀した記憶が。。。
機ごとに差異があり、学ぶことに限りがないことも
この仕事の醍醐味なのではと最近考えております。


宮地