店主ブログ

店主のこだわり

豊臣秀吉をめぐる不思議な縁

先日ある桃山時代の唐織裂を手に入れた。2m x 2mの長大な裂は竿通しが付けられ「風穴」(風を通す開口)が施された奇妙な裂である。

 

 

まず驚かされるのは、その色彩である。500年は確実に経過しているにもかかわらず、ご覧の通りほぼ完璧な色彩が残存している。

 

詳しく見ると能衣装として職製されたらしいが何らかの理由で幕に仕立て直されたようだ。

 

この裂の出所がまた面白い。旧蔵は三条大橋のたもとに桃山時代にはすでに存在していた「M針屋」で豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎と呼ばれた時代に針売りとして全国を行脚していたという伝承がある。

 

彼は行商の過程で得た戦国大名達の情報から仕えるべき武将を探し求めていたという。その結果、織田信長に白羽の矢を立て、信長の草履取りから太閤にまで登りつめた。

 

その針屋から今回出たのが「菊桐模様唐織」(太閤秀吉を象徴する模様で高台寺文様と呼ばれている。)だから余計に因縁ありそうで興味が湧く。何故?どう言う経緯で?この一枚の異様な唐織が針屋に伝来したのか?

 

裏地に雨汚れの痕があり、もしかして醍醐の花見の折、御座所に掛けられた幕ではないかと思っている。

 

 

 

 

>>お問い合わせはコチラ

私の杉本博司論

今年の文化功労者賞に中村吉右衛門丈と杉本博司氏の知人2人が受賞されることになり大いに喜ばしいことである。

 

杉本さんは念願の美術館(?)もしくは隠居場(?)を10月にオープンされたようで重ね重ねのお目出度である。

 

私はテッキリ「杉本博司美術館」という名称かと思いきや「江乃浦測候所」という名称らしい。実に杉本さんらしいシャレの効いた装飾のないネーミングに人柄が感じられる。

 

 

彼は探究心の強い人だ。もっともアーティストと呼ばれる仕事をしている人から探究心を除けば何も残らないだろうが、彼は「人間はどこから来たのか?」「人間とは何者か」?という大きな命題の答えを求め続ける求道者である。

 

目では見えない遥か彼方に潜む真理を求め、写真や建築、舞台演出という手段を駆使して具現化を試み続けている。

 

水平線のさらに先を見るための施設「江乃浦測候所」の完成は彼にとって終着点ではなく、更なる高みを目指して多分、死を迎えるまで求め続ける通過点の一つであろう。

 

追求のために全ての資産を投じ「江乃浦測候所」を完成させた実現力を兼備した杉本さんに敬愛する弟子としてエールを贈りたい。

 

 

>>お問い合わせはコチラ

消費者のニーズは変化する

きもの需要は全体として減少しているが、種類別のニーズも変化している。

 

一昔前、呉服業界がブライダル産業の一端であった時代は礼服中心であったが、ブライダル環境の変化に伴ってセミフォーマルが中心となり、今やカジュアルが一番好まれている。

 

 

今回の展示会の結果を見てもカジュアルっぽいものが好まれフォーマル的な訪問着が敬遠される結果が出た。きものを着用するシーンが格式張った場所から気楽にきものを楽しめる場所へと変化していると考えられる。

 

作り手としては出来るだけお客様の希望を忖度して、きものや帯を作っていくのはビジネスとしては当り前だが、これだけは譲れないという範囲がある。例えばアニメのキャラクターや野暮なモチーフはお断りしている。

 

今、私の頭の中にあるのは洋花をモチーフにモダンな色やぼかしと組み合わせた付下げきものである。今一つ売れ行きのよくない「ソワレ」シリーズをより着易いものに変化させ、和洋を取り混ぜたものにしたいと思っている。

 

帯は定番の「御所解」や織物の「透し織」などと組み合わせるのも一興ではないか。こういう事を考えているのが私にとって一番楽しい時間である。

 

 

 

>>お問い合わせはコチラ

国宝展を観る

現在、京都国立博物館で開催されている「国宝展」を観る。

 

 

お目当ては7世紀「天寿国縫帳」である。生地に「蓮」が使われているので一度、本歌を拝見したいと開門と同時に入館すべく早朝から出かけたが、あにはからんや、既に2〜300人の行列ができている。

 

入り口付近は混雑して列品に近づくのは容易ではなかったが、染織のブースは人気がないとみえて閑散としている。

 

早速お目当の「天寿国縫帳」を観る。実物は予想以上に傷みが酷く、色が残っている部分は鎌倉時代の補作と知ってガッカリ。

 

しかしそれ以外に大きな収穫があった、法隆寺所蔵の「四騎獅子狩文錦」である。

 

 

染織品にあって国宝中第一級品、6世紀「日出づる処の天子、書を日没する 処の天子に致す、恙なきや」と聖徳太子が大見得を切って派遣した遣隋使が時の皇帝 「煬帝」から下賜されたものと言われている。

 

 

一説には聖徳太子の軍旗とも言われ、法隆寺再興の前には夢殿に安置されていた「救世観音」にもたれかかるように巻かれて立て掛けられていたという。

 

 

6世紀にあれ程精密な錦織を完成させた漢民族の技術は目を見張るものがあるが、今の中国人と同じ民族とは思えない。

 

 

>>お問い合わせはコチラ

美とは心地良さである。

世の中には色々な美が存在する。風景、人物、絵画、工芸品、音楽など、ありとあらゆる物に美と美でないものがある。数学の方程式にまで美があると言うから奥が深い。

 

そして美の本質は受け止め側の「心地よさ」であると思っている。人の顔やスタイル、気質など心地よいと感じる人と日常的に会ったり見たりするから美が存在すると気付く、音楽なども説明がなくても美しいと感じるメロディーラインがある。

 

しかし美術品や工芸品となると、おやっと思うことが多いのではないか。肩書きを見て無理やり納得する人が多いと思われる、私など「なぜこれが国宝?」と首をかしげることもある。

 

 

古代ギリシャ人は絶対美を求めて石膏で彫刻を作り、その完成形の一つが「ミロのビーナス」であり、彼らは哲学的、論理的に人体の美学を追い求めてきた民族である。

 

その視点でいうと日本人は自然美を絵画的、文学的に追求した民族ではなかろうか、移ろう四季の美しい瞬間を筆や言葉で表現しようと多くの先人達は努めてきた。

 

もっとも江戸時代には美人画が流行したが、あれは今で言う「美人コンテスト」のようなもので哲学的でも論理的でもない。なんの先入観もなく「心地良い」と感じた物が、その人にとって美であり、それを素直に認めることが美を見極める力となる。

 

普遍的で絶対的な美など存在しないと思っている。さらに言えば「伊藤若冲」の絵を見て心地良いと私は感じたことはない。

 

 

>>お問い合わせはコチラ