ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

久々に入手した「辻ヶ花」

最近トンと売物を見かけない古裂の世界だが、珍しく「辻ヶ花」の売り物があったので手に入れた。

制作年代は1590年〜1600年あたり、辻ヶ花の最後期の作品だと私は見た。

その理由は生地は従来の「煉貫」(ねりぬき)が使われているが「疋田絞り」が見かけられるので「辻ヶ花」の全盛期は過ぎている。

まだ金箔が使われていないので「慶長時代」には入らない「天正時代」後期だと思う。

表具裂に使われていたと見えて3片に別れている。墨の仕上げは余り上手くはなく、絞りの技術も稚拙である。

極めて細い線が見かけられるが現在では、こんな細い「面相筆」は売られていない。

私は「天文」、「永禄」、「元亀」時代あたりの裂が欲しいのだがなかなか売り物は出ない。

文句を言い出せばきりがないが、適切な値段だから買い逃す手はない。

そう言えばNHK大河ドラマの時代背景はまさにその「辻ヶ花」全盛時代である。

あの時代にピンクの野良着や首巻を身につけているのは、どう考えても不自然だ。

歴史的時代考証がなされてなければ視聴者に嘘を伝えることになるからNHKの責任は重い。

 

圧倒的な迫力

友禅染めの迫力の無さを指摘している私が 顔料の使用を試みていることは、

以前からブログをお読みいただいている方はご承知だと思う。

友禅染めが着物の中核と位置づけられるようになったのは江戸時代中期頃で現代まで変わらない。

着物といえば「京友禅」として全国に広く知られている。

その特徴は模様の縁に糸目を施し化学染料(明治時代以降)による色挿が基本とされている。

それに対して仕上がりに迫力が欠けることを指摘し、顔料、岩絵具の使用も推奨してきたのが私である。

その最初の作品が出来上がった。

下記に掲載した「牡丹図訪問着」をご覧いただければ 直ぐにその圧倒的存在感、迫力をご理解いただけるであろう。

全て「緑青」「群青」など岩絵具を使用して染め上げた逸品である。

これを可能にしたのは卓越した職人の「技」とバインダー(接着剤)の進歩である。

絵心あって糸目がなくても彩色できる技術力が必要ある。

私もこの作品を大変気に入って本当は売りたくない気持ちだが、それを売るのが私の生業であるからしょうがない。

いつの世も時代とともに消費者の好みは変化していく、

その変化を捉え、作り手は自分の仕事の幅を広げていかなければ消費者から見放されてしまう。

不況を嘆く前に自分の足元をしっかり見つめることだ。

次作は「フェルメール」が愛した「ラピイズラリー」を使ってブルーを基調にした印象派のような優しい着物を作りたい。

読書の楽しみ

私は日課として就寝前に小一時間、読書する事を楽しみにしている。

主に池波正太郎、葉室 麟、藤沢周平などの時代小説がお気に入りである。

時代小説でリラックスするのが熟睡の秘訣だが、

たまには最近の話題になっている難しい本も読むが返って目が冴えてくるので、寝付きが悪くなる。

だからから途中で中断して時代小説に戻るようにしている。

いまは杉本博司の「アートの起源」と池波正太郎の「藤枝梅安」を読んでいる。

杉本さんの「アートの起源」6、7年前に買った本で読むのは2度目である。

彼はその頃から光学レンズで太陽光を解析する実験を試みている。

今年の京セラ美術館の個展でも印画紙に無地やぼかしのカラーで光の屈折色を写真にした作品を出品されていたが、

6〜7年も同じテーマにこだわる彼の恐るべき執着心と好奇心には脱帽する。

ただ私の経験では色だけで人を感動させるのは難しい、

私は若い頃に「草木染」を研究したことがあるが、染める生地次第で出来栄えが大きく変わってしまう。

矢張り色と味は素材の良し悪しが七割だと気付いた。

それにしても杉本さんの知識の豊富さには感心する。

多分、読書量の多さが語彙の豊富さと想像力の豊かさから多方面の教養として身についたのであろう。