ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齊藤康二

齊藤康二

  • 月を選択

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。
◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齊藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

インド更紗 笹蔓手金更紗

さて、待望の更紗ができてきた。

私の第一作目はやはり「金更紗笹蔓手」と決めていた。

なぜなら我社が所有する古裂のコレクション、インド更紗(16世紀~17世紀)の中で

最も魅力を感じたものであったからである。

インド更紗が日本に持ち込まれたのが大航海時代の江戸初期、当時新しいものを取り入れることが早かった

茶の湯において、東インド会社が持ち込んだエキゾチックで鮮やかな染物は美的感覚の鋭い茶人には刺激的で、

見たことのない代物だったに違いない。

ご周知のようにこの笹蔓手については語る必要もないと思うが、

今回は染帯としてその魅力を復活させた。

生地:光悦

地色:生成り地

柄:金更紗 笹蔓手

(きもの:小紋水色地ドット柄)

ご覧頂いたら一目瞭然、その魅力に取りつかれてしまうほど見入ってしまう。

これから秋にむけて精力的に「更紗」シリーズを制作していくつもりである。

 

慶長小袖

前回の続き、桃山から慶長にかけて。

慶長とは、家康が征夷大将軍に任じられ、江戸幕府が始まる前の1596年頃から約20年間の元号で、

ご存じのように安土桃山から江戸に変わる時代の狭間、転換期のことである。

それは日本の染織史、特に「小袖」についても同様、私個人の見解で申し訳ないが、

それまでの優美なものがまとまりを経て、能率的または技能的な形へと移行していく転換期と捉えている。

例えば、桃山小袖のように段代りや方身代わりのような大らかで大胆な構図に、大柄な刺繍と摺箔を

あしらった豪華絢爛なものから印象は一変し、小袖の全面を”絞り染め”で地色を染め分け、

そこに草花や吉祥文など手の込んだ文様を細かい刺繍や摺箔で埋め尽くした形になっていく。

言わばふくよかなものから無駄をそぎ落とし、より精密に技術を磨き上げ、その誇張された

技能の集大成が慶長小袖のいわれとなる、「地なし小袖」の所以ではなかろうか。

それはまた当時の職人が腕を競い合い、こだわりと技術が詰め込まれた高尚な伝統工芸品であろう。

<桃山能装束薔薇紋訪問着>

こちらは桃山の能装束をモチーフに再現した訪問着。

霞に薔薇が優雅に配置してあり、刺繍はもちろん渡し縫い。

 

次は

<慶長小袖染染め分け松に鶴染帯>

 

これは典型的な慶長小袖の構図。

生地も当時と同じ綸子を使用し、絞り染めの無地場の地紋も魅力の一つとなっている。

戦後の日本、時代の流れと環境の変化で着物の出番が極端に減少している昨今だが、

我々の中には世界に誇れる染織史、古典という貴重な財産が今もしっかりと受け継がれている。

私たちはそれらをモチーフに染織物として再現し、もう一度日の当たる場所に引っ張り出して

その美を以前のように生活の一部として愉しむ価値を見直していきたい。

 

 

 

 

 

 

辻が花から渡し縫いまで

辻が花というと自然の草花を具象化し、絞り染めで生き生きと表現する技法の一つである。

長く続いた応仁の乱によって当時多くの貴重な染織品が焼かれ消滅したが、

後の室町・桃山時代に入ると名物裂と共に新たな技術も渡来し、染織産業も盛んになるのだが、

その中で絞りといえば特に秀吉の「桐紋陣幕」は有名である。

勿論、何百年にも渡り京都の職人によりその技術は継承され、当時の絞り技法は

色褪せることなく今の我々もその恩恵を受けている。

<木賊地雲取菊桐辻が花 染帯>

これは今の絞りを使った辻が花。

作品は16世紀、中世の室町・桃山文化にある辻が花をモチーフに再現したもので、

その特徴は色の配色や雲取、草花の品種や形など余すことなく

当時の魅力を再生した正真正銘、室町の辻が花である。

さて、ここからは時代が過ぎ桃山から慶長になると中国からまた新たな技術が伝わり、

「刺繍」が登場する、これが京縫いの始まりといっていい。

刺繍に摺箔、表現方法はより豊かになり大胆な構図へと発展していく。

<朱地綸子松梅桃山縫い 染帯>

ご覧の通りその迫力は美の最盛期である。

刺繍の魅力はその繊細な技術にあると以前も書いたが、

「渡し縫い」という技術は中世当時から能装束などに使われており、

そのふっくらした立体的な特徴は糸を柄の端から端までいっきに通し、

留糸で柄の形を描いているからで、当時の表現方法としては桃山文化の豊かで

大らかな背景が窺える代表的な最新技術なのである。

またこの独特な刺繍「渡し縫い」は後のジャガード織り、「唐織」で再現され、

昭和にはあらゆるものが量産されていくことになる。

因みに、この渡し縫いをここまで桃山に近づけられる手を持った職人は

なかなかいない、正に神業であることは間違いない。