ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齊藤康二

齊藤康二

  • 月を選択

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。
◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齊藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

改めて御所解

ぎをん齋藤の御所解。

「御所解」とは四季の草花図に加え王朝文化や源氏物語を想わせる御所車、扇面などの

道具文を使い、風景画のような構成で留袖や訪問着など多くの着物に使われる文様の一つ。

遡ると創業当時(約180年前)から我が社の立役者として変わらず人気を博し、

今も尚、ご新規の方の約半数以上はやはりこの御所解をお目当てに来られる。

中には「ぎをん齋藤=御所解」!なんておっしゃる方もおられ嬉しいかぎりであり、

また一方不思議に思うところもあるが、確かに御所解文様には時代を感じさせない華やかさと

気品も感じられ、色とりどりの柄を見ると心躍るのもわかる気はする。

その種明かしという訳ではないが、作り手として言わせてもらうと制作工程はその他の商品と比べて

取り分け複雑というわけではない、地色と文様を作り出す生地白(地白)、摺疋田に刺繍、そして仕上げと

手は込んでいるが特別な素材や技法は使ってはない。

しかしそのすべての工程を組み合わせていくとパズルを完成させるように集約した素晴らしい御所解文様の

景色が現れ、公家の女性を連想させる平安時代、王朝の文化を彷彿とさせる完成された柄が当時の技法

そのままで表現されるのである、そこが今も変わらぬ魅力となっているに違いない。

しかし、まだまだぎをん齋藤の御所解は完成という訳ではない、長年変わらずやってきたことを踏まえ

よりその魅力を引き出すために原点回帰し、失われたものをまた再現していきたいと思っている。

 

 

大掃除

28日、今日で仕事納めというところも多いと思う。

我々も朝から大掃除に励んでいる。

玄関から中庭、奥の部屋まで隅々隈なく丁寧に一年の埃を取り除いて、畳や柱は雑巾で磨き上げる。

掃除という作業は職場をきれいにするという当たり前の事の他に、我々が普段何気に使っている

家屋(店舗)や、先祖代々から受け継いできた”財産”のありがたさを私自身、そして社員みんなが

再認識するいい機会にもなっている。

昔、禅寺で修行していた頃は毎日掃除は欠かさず行っていた。

老師は「雲水の修行はまず徹底的に作務をし自分の垢を落とさなければならない、

一点の曇りもない生まれたままの姿に戻りなさい」と作務の重要性を説いておられた。

私が担当する掃除は店中の仏壇から神棚まで、一年の埃と線香の煙を雑巾で丁寧にふき取り

感謝の意を込めてもとの位置に戻すこと。

毎年一年に一回、隅から隅まで埃をすべて払い除け、きれいに清めてから納めると

心も洗われた気持ちになり、清々しささえ感じる。

さぁ、これで来年も新たな気持ちでスタートできる。

今年も皆様にはたいへんお世話になり、心から感謝とお礼を申し上げます。

良い新年をお迎えください。

:林屋担陽作 兎

 

 

 

ぎをん齋藤の正月

北から寒波が日本列島を覆い、天候は一段と厳しくなってきた。

今年の冬は各地の積雪も多いとの予報、寒さと雪には十分備えておきたいが

それよりもどこに行こうか?何をしようか?という欲望が先に立つのは私を含め

ようやく年末を迎える皆さんも同じではないだろうか。

早い方はすでに旅先の予約まで済ませているようで、某スキー場近くのホテルはすでに満室、

京都のホテルもこの年始からいっぱいだそう、一昔前は家族揃って初詣に行き、そして親戚一同

お椀を並べてお雑煮やお餅をほおばり、子供はお年玉を楽しみにしていたものだが

核家族化した近年、そんな風習もなくなりつつある。

”絆”というものが消えゆくこの世の中、網の目が解けるような寂しさを感じる。

しかし、コロナ感染という言葉が聞こえなくなり感染者数の重要性も乏しくなった今、

大手を振って出かけられる世情になったことは以前と比べて大きな前進といえる。

さて、弊社は仕事納めの28日、大掃除の後店先に金屏風を立て鏡餅を飾り付け、玄関柱に

門松を添えて年始を迎える準備をするのだが、昨年は喪中ということもあり正月らしいことは

一切していない、その分、今年は例年通りしっかりと飾り付けをし正月を迎えたい。

そして、来年はまた初釜や催しも再開されるとのこと、世界が平和になり良い年になってほしいと願うばかりである。

元朝鳥縫い(梅に鶯袋帯)

元朝とは元旦、元日の朝という意味、また元王朝(元朝)は13世紀中国を支配した征服王朝。